SITE MAP
HOMElatest news & updatesarchivesmail magazine INFOwhat's join alive?general infomessageprevious 2011LINE UPartiststime table TICKETSticket infobuy ticketshow to buy ticketsAREAmapcampfood & drinkbooths ACCESSaccess infoparkingofficial tourFAQSfaqsnotice GOODSofficial goodsartist goodsSPECIALspecial inforentalsabout iwamizawasound air 2012
twitter facebook youtube

WHAT’S JOIN ALIVE?|ジョインアライブとは?

tit01

オリジナリティのあるイベントをやりたいという想いを実現させるためにはこだわりある会場を選びたい。リラックスして音楽を楽しめる場所を探し求め道内各地を回り辿り着いたのは、ここ「いわみざわ公園」でした。遊園地内の巨大サーカステント、展望台、スキー場、バラ園、キャンプ場やアスレチック、パークゴルフ場など、ここには求めていた以上のものがあり、開催するならこの場所だと決心。
…そして2010年夏、自然・音楽・アミューズメントが融合した新しいイベントの幕が明けました。

3回目の開催となる今年も2日間に渡って開催されます。会場内に遊園地があり、キャンプをしながらジェットコースターにも乗れちゃうイベントは、北海道ではほかに例がありません。ライヴで踊ってお腹が空いたらバーベキューをしたり、観覧車に乗って上空から広い会場を眺めたり、他では体験できない楽しみを満喫することができます。野外のイベントでありながら、公園としてのインフラも整備されているので、家族連れの方も遊びに来やすい環境です。
ph1 ph2

point_tit

point01
遊園地内のキャンプサイトを区分けし、さらに使いやすい「OASISエリア」にリニューアルします!

camp_off

point02
車・バイクでご来場されるお客様がスムーズにアクセスしていただけるように、駐車場を早朝からオープンします!

parking_off

point03
「通し券」をお持ちにならないお客様でも、キャンプサイトをご利用いただける「キャンプサイト券付き1日券」を発売します!

tit02

メインステージとなる「ROSE STAGE」は、前方がすり鉢状の一体感ある客席と、後方は見やすい芝生エリア。 思い切り踊るも良しゆったりとライヴを楽しむも良しの最高の環境です。 遊園地内の独特な雰囲気を持つサーカステント「VELVET CIRCUS」は、JOIN ALIVE唯一の屋内ステージ。 「FUTURE FLOWERS」は、会場の中心に位置するフードエリア隣接の野外ステージ。 そして今年新ステージとしてVELVET CIRCUS手前に「NEW WALTZ」が登場。 この4つのステージのライヴパフォーマンスと雰囲気を思う存分楽しんで下さい。
ph3

tit03

お父さんがライヴを観ている時にお母さんは子どもと一緒に遊園地。そんな家族みんなが楽しめる要素が、JOIN ALIVEには溢れています。遊園地の他、周辺には開催時期が見頃のバラ園や室内公園「色彩館」、ふれあい広場で動物とふれあったり、その奥の冒険の森には木製アスレチックと、盛り沢山です。「ROSE STAGE」後方から山道を徒歩約10分登った所にある見晴台(展望台)はバリアフリー設計で石狩平野を一望できるパノラマ風景は圧巻! ぜひ体験して下さい。オススメです!
ph4

tit04

テントを張ってバーベキュー!それも野外イベントを楽しむ重要な要素。会場内にあるキャンプサイトでライヴを楽しんだ後に火を囲みながら友人達と語らう。そんなキャンプの醍醐味を味わいたい方には、キャンプサイトの利用をオススメします。今年から遊園地内のキャンプサイトを区分けしさらに使いやすい「OASISエリア」にリニューアル。キャンプサイト券付1日券を発売するので、キャンプをしない方もキャンプサイトでくつろいでいただけるようになりました。
ph5

tit05

岩見沢へのアクセスは超便利!車では札幌から高速で約30分、旭川や千歳方面から高速で約1時間の距離と、あっという間に到着です。そして車・バイクで来場される客様がよりスムーズにアクセスしていただけるよう駐車場を早朝からオープン。JR岩見沢駅は「グッドデザイン大賞」に選ばれた一見の価値がある駅。そんなJR岩見沢駅に出迎えられると自ずとテンションも上がるはず。JR岩見沢駅からは会場までの臨時バスを、札幌と旭川からは会場までの直行シャトルバスも運行するので、車・電車・バスと、どのアクセスでも快適です!
ph6

tit06

JOINは「結合する・繋がっていく」、ALIVEは「生き生きした・生気に溢れる」といった意味を持つ言葉で、「この場所にみんなが集まり、繋がりながら広がって生きていく喜びを感じる」という想いが込められています。 また、“JOIN”の4文字はそれぞれ「JULY(7月)」、「OASIS(オアシス)」、「IWAMIZAWA(岩見沢)」、「NATURE(自然)」の頭文字でもあります。
ph7
ページトップへ