SITE MAP
HOMElatest news & updatesarchivesmail magazine INFOwhat's join alive?general infomessageprevious 2011LINE UPartiststime table TICKETSticket infobuy ticketshow to buy ticketsAREAmapcampfood & drinkbooths ACCESSaccess infoparkingofficial tourFAQSfaqsnotice GOODSofficial goodsartist goodsSPECIALspecial inforentalsabout iwamizawasound air 2012
twitter facebook youtube

MESSAGE|主催者メッセージ

JOIN ALIVE開催にあたり

はじめに、昨年3月11日に発生した東日本大震災におきまして、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げるとともに一日も早く復興できるよう心よりお祈り申し上げます。

さて、マウントアライブでは今年の7月21日・22日の二日間に渡りJOIN ALIVEを開催いたします。

2010年夏、「公園」という環境設備が整った場所を舞台に、音楽とアミューズメントのコラボレーションをテーマに第1回目を開催しました。その経験を成長に繋げるべく、利便性の向上とイベントの楽しさを追求した昨年に続き、今年は3回目の開催となります。

昨年、第2回目の開催では好天にも恵まれ、多くのお客様に来場して頂き無事終了したものの、同時にたくさんの課題も残す結果となりました。イベント終了後には、皆さんから翌年開催に向けての意見や要望を頂きました。この貴重な指摘を正面から受け止め、皆さんにより良いサービスを提供しようと、まずは駐車場とキャンプ場、そしてオフィシャル&アーティストグッズ販売スペースの改善に取り組みました。詳細は別ページでご案内いたしますが、具体的には駐車場を早めに開門、キャンプサイトの区画化、グッズ販売スペースの移動などを行い、利便性をアップしたいと考えています。

こうして問題点の解消に取り組みながら、3回目の今年は「新しい音楽との出会い」をテーマに皆さんに喜んで頂けるようチャレンジしてみたいと思います。

昨年は2日間で合計48組のアーティストに出演して頂きました。今年も同様、もしくはより多くのアーティストの出演を予定しています。ジャンルや世代も幅広く、10〜20代の若いエネルギーに満ちあふれたバンドから、キャリア20年以上のスケール感漂うバンドまで、本当に素晴らしいアーティストの方々が岩見沢でどんな演奏をしてくれるのか今から楽しみです。

最近では、音楽はいろいろな手段で聞く事が出来ます。皆さんも日々の生活の中で、様々な音楽と出会い、癒され、明日へのエールをもらっている事でしょう。音楽には人の心を動かすパワーがあります。その音楽やアーティストの良さをさらに確認出来るのは、やはりライブなのです。

どうか、この2日間では積極的に、まだ観た事や聴いた事のない音楽に触れてください。新しい音楽との出会いを大切な人と一緒に感じ取って欲しいと思っています。

JOIN ALIVEに来たならば音楽に裏切られる事はありません。

JOIN ALIVEは会場の中に遊園地があります。メリーゴーランドやジェットコースターなどたくさんの乗り物があり、子供から大人までが一日中楽しめる場所です。そこにライブが加わり、贅沢なアミューズメント空間に変身するのですが、今年はさらにアート色を強める事によっても、より魅力的なワンダーランドに作り上げたいと考えています。言わば「遊園地のアート化作戦!」です。

とは言え、乗り物がトータル46基もある広大な遊園地全体をアート化するのには時間がかかりますので、まずはライブエリアでもあるVELVET CIRCUSの周りから、アーティスト達と遊園地を賑やかにしていきます。そして、皆さんにも「遊園地のアート化作戦!」に加わってもらえる方法はないかと考えています!

新千歳空港、札幌市内、どちらからも車で約1時間の距離に位置した岩見沢市の「いわみざわ公園」は、野外音楽堂や遊園地、スキー場や駐車場も備わった大きな公園です。この便利な公園の恩恵を思う存分楽しんでください。「音楽」や「楽しむ」と言った言葉からも感じるように「楽」という文字にはいろいろな意味が込められています。

JOIN ALIVEには「楽」がピッタリ似合うイベントです。

まさに「楽フェス!」です。

この「楽フェス!」に向かってJOIN ALIVEは発進していきます。

株式会社マウントアライブ 山本博之

ページトップへ